CM

支那そば 福々亭

CM
ラーメン
CM


伊豆に来たら行かなければならない、
佐野実氏の支那そばや暖簾分けのお店。
嵐の中、頑張って行ったかいがありました。


こちらのお店、
伊東駅のすぐそばにあります。
駐車場はないのでコインパーキングに駐車。
観光客も地元の方も出張の方もおり、
お昼に行ったらいっぱい。
5分ほどで着席です。

店内は大きくなく、
カウンター席のみでした。
外からもお客さんでいっぱいなのが
わかります。
壁には赤字で「自家製麺」

店主は黙々と手際よく作業をしています。
あまりにも静かなので、
喋ったら怒られるんじゃないかと思いました。

メニューは醤油と塩、
それにトッピングを選ぶ感じ。
そして注目すべきは、
※「麺かため」なりません
店主の自信作をそのまま食べる、
ということですね。

卓上の調味料も、
醤油用、塩用のコショウと醤油だれのみ。
これは味を変えずに食べるべきであると再確認。

さて、肝心のらーめんですが、
こちらは醤油らーめん。
トッピングはメンマ、海苔、ネギ、チャーシュー。
見た目はオーソドックスなのですが、
だからこそ作りこまれた味。
スープは非常に上品で、
鶏の出汁が効いています。
麺はストレート細麺やわ目。
スープの存在感が
麺のそれを超えています。

こちらは塩まるとくらーめん大盛。
スープが澄んでいます。
比較物がないのですが、
想像以上に大きかったです。
風呂桶(?)くらい。

トッピングはメンマ、ネギ、味玉、
ワンタン、チャーシュー(2種類)。
スープにはラードが浮いているのですが、
非常にさらさらとした口当たり、
そして強いコク。
しっかりと塩が効いているのですが、
角はなく良いバランスです。
大盛でも全く飽きません。

味玉は色の割に
しっかりと味が染んでおり、
塩スープのアクセントにもなります。
メンマは薄味で歯ごたえのアクセントか。


特筆すべきはチャーシュー。
豚バラと肩ロースの2種類あるのです。
豚バラはよく煮込まれていてホロホロ。
口の中に入れた途端に溶ける程度に
脂が残っているのですが、
不思議とくどくはありません。
肩ロースは肉々しさが強いものの、
パサパサするわけではなく、
また、肉の旨味が感じられる逸品でした。
これはお持ち帰りしたい。
一つ言うのであれば、
麺の好みは分かれると思います。
“コシ”が重要視され、
コシ強めを好む人が多い昨今において
この茹で加減を厳守しているということは、
そこに譲れないこだわりがあるということ。
個人的には、
食べ終わって初めてこの麺の硬さの意味が
わかった気がします。
らーめんは麺を食べるものでも
スープを飲むものでもない、のような・・・
とにかく、
伊豆に行った際には是非一度。
支那そば 福々亭

TEL:0557-37-7979
住所:静岡県伊東市湯川2-17-6
営業時間:11:30~14:20 17:30~20:50
定休日:水曜 木曜