AdSense SP

グルメ

突っ込みどころ満載の「新田寺マハルレストラン」→「ネパールインドレストランパーサ」→閉店

2016/11/15


一度行っていただけたら分かると思います。その突っ込みどころの多さを・・・


こちらのお店があるのは南区!浜松市街地からだと、152号を東へ行き、掛塚街道を南下、国道1号との交差点を右折してすぐのころにあります。
出迎えてくれるのはこの宣伝車「超美味しい本場のインドカレー」。ここで一つ謎が解決。「新田寺マハル」と聞いて、「新田寺」なんて地名があるのかな~と思ったら、「しんたじマハル」→「シン タージマハル(SHIN TAJIMAHAL)」でした。なるほど。
ちなみに、「新田寺」というお寺が秋田にありますが、関係はなさそうです。ヨミも「しんでんじ」ですしね。
ちなみにちなみに、「シン(SHIN)」に意味はなさそうですが、英語だと「すね」とか「よじ登る」という意味があるので、タージマハルによじ登る・・・罰当たりですね。すみません。
あ、Twitterのアカウントが「newtaji」なので「シン(SHIN)」は「新」というそのままな感じなのですね。
ちなみちなみにちなみ、この宣伝車の反対側には・・・「イラシャイマセ」と書いてあります。ほ、ホントですよ?
もう面白すぎて前置きが長くなりますが、しょうがない。

入り口の上には
「いらっしゃいませ」
「これぞ本場のインドカレー」
「日本一のビリヤニ」
「やみつきになるスパイス」
と書いてあります。
やっぱりよくよく見ると怪しいですね。
ビリヤニっていうのは・・・説明が難しいのでカット。端的に言うなれば米料理です。
『ビリヤニ』Wikipedia
入店。入口右手にスパイスや豆類等のハラールフードが売られています。ん?ハラールフード?おもっきしパキスタン料理やないか。と思って後で調べたら、オーナーがパキスタン人、シェフがインド人だそうです。結局・・・どっちよ。
ご存じない方のためにお伝えしておくと、インドはヒンドゥー教なので「牛」を食べず、パキスタンはイスラム教なので「豚」を食べません。お隣さんですし、元々ムガル帝国という一つの国だったので似てはいますが、そもそも広い国なので地域性があります。ちなみに、外国でいうインド料理、パキスタン料理はムガル王朝における宮廷料理の調理法をベースにしているそうなので、いわゆる庶民の味ではないのかもしれませんね。
元々美容室だったそうですが、広々としていて開放感があり、程よい装飾がなんともいえない雰囲気を醸しだしています。テーブルもイスも重厚で良いのですが、テーブルの天板がガラスなので、色々と考えてしまいます。

メニュー、の表紙。
「おわかりいただけただろうか・・・?」
SHIN TAJ I MAHAL
店名間違えとるやないかい。
メニューは豊富です。詳しくはHPをチェック。

「宴会・パーティー承ります!」
これは机の上に綺麗においてあった紙なのですが、右下に「100円券」が・・・って、これ持ち帰るものやったんかい。
2階かな?素敵な個室とカラオケラウンジがあるみたいですね~



ということで、注文したのは「ランチセットB」850円。安い!セット内容は、カレー2種類セレクト、ナン、チキンティッカ、サフランライス、サラダ、ドリンクセレクト。
カレーはチキンカレー、キーマカレー、野菜カレー、ビーフカレー、マトンカレーから選べるのですが、メニューにはカレーの下に全部「辛さ普通」と書いてあります。書く意味が・・・ちなみに辛さは選べます。
そうそう、ビーフカレーがあるのでやはりパキスタン料理ですね。
前置きが長すぎてあれですが、肝心のお味は最高でした。マイ・ベスト・カレー・レストランに決定。
パキスタン料理だからかどうかは分かりませんが、スパイスが良く効いていて、そのバランスも独特。決して辛すぎるわけではありません。チキン、キーマ、野菜、マトンカレーをいただきまして、ベースのブイヨンは同だと思ったのですが、それぞれ違ってどれも美味しい。特にキーマが好きかな~
サフランライスもサフラン強めです。見た目からして真っ黄っ黄ですし。
タンドリーチキンもスパイスべっとりスパイシー。でも柔らかい。
ナンはうすモチ系(=薄くてモチモチ)。
ラッシーはあっさり系。最近出会うラッシーはあっさり系が多いのですが、トロトロ系とどっちが多いのでしょうか?と思って調べたら、特に決まりはなく、好みの問題、だそうです。
超満足。ごちそうさまでした。
月曜日と土曜日はランチバイキングがあるそうなので、
 
 
こちらの新田寺マハルさんですが、Web活用に積極的です。はまぞうブログ、ホームページ、Twitter、Facebook、外国人向けの怪しげなサイト・・・いたるところに露出しています。
兎にも角にも、面白いは美味しいわで最高のお店です。行きたくなったでしょ?そんなあなたに朗報です・・・

ライラハ イルラールラー
ムハマドル ラスゥールルラ

ライラハ イルラールラー
ムハマドル ラスゥールルラ

ライラハ イルラールラー
ムハマドル ラスゥールルラ

新田寺マハル レストラン(SHIN TAJIMAHAL RESTAURANT)

TEL:053-443-9796
住所:静岡県浜松市南区石原町690
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:無休

大きな地図で見る

-グルメ