AdSense SP

映画

映画『007 スカイフォール』

2016/11/15


『「007 スカイフォール」公式サイト』
※ネタバレがありますのでご注意下さい。
 また、あくまで私感ですので、ご了承下さい。


あらすじ
007シリーズ23作目、ダニエル・クレイグ3作目の「スカイフォール」ですが、記念すべき50周年作品でもあります。さっそくネタバレですが、過去作品へのオマージュに加えて、新たな1歩を踏み出すという意気込みがひしひしと感じられる「M、Q、ミス・マネーペニーの世代交代」。007ファンもはじめて見た人も楽しめる作品だと思いますし、さらに言えば、昔の作品も見てみたいと思わせる内容です。
私がはじめて見た007はピアース・ブロスナンの「ゴールデンアイ」。これが007だと思って育ってきたわけですが、ミッドナイトシネマ(?)でたまたま見たショーン・コネリーの「ゴールドフィンガー」がそれを変え、ダニエル・クレイグになってから同じ雰囲気を感じています。007作品は敵味方がはっきりしていたり展開に意外性がなかったりと、ある種のテンプレートが存在するのですが、それを補って余りある007のかっこ良さ、渋さ。たまりません。ボンドとMに焦点が当てられすぎて、それ以外のキャラクター(適役シルヴァでさえ)描写が少し雑だったり、ところどころ設定が破綻していたりするのですが、それでも作り込まれた雰囲気やド派手なアクション、シリアスさにやられてしまうのです。だからというわけではありませんが、ストーリーには触れません。
そして、007で忘れてはいけないのが車。今作も前半は最近のランドローバーやジャガーが登場するのですが、やっぱり「アストンマーティンDB5」。ボンドカー=スペシャル改造車というのは間違った認識ではありませんが、今回は特別仕様感はないながらも、これだけ走っているシーンが見られただけで嬉しいものです。レプリカだとわかっていても、吹き飛ぶシーンは涙が出そうになりました。「ダイ・アナザー・デイ」では光学迷彩まで開発したQですが、今作で交代したからか、活躍がデジタル面の比重が高く、スパイ道具にあまり力が入っていなかったのは、次作への小出し作戦だと思いたい。
007好きなら必ず見て欲しい作品です。
そうそう、日本人目線でいくと、長崎の軍艦島が使われていた(セットですが)のも見どころです。

-映画